効率良く仕事を進めるために

夏でもインナーが必要

吸水性と速乾性

暑さ対策をするコツは、重ね着をすることです。
余計に暑くなると思う人がいますが、インナーがないと汗を吸収できません。
インナーがないと体温調節もできなくなり、暑さを感じやすくなってしまいます。
吸水性があることを条件に入れて、インナーを探しましょう。
インナーは一番下に着るので、肌に密着します。
そのため汗を吸ってくれるものでなければ、意味がありません。

インナーは汗を吸ったままにするのではなく、速乾性の機能があるインナーを着用するのがおすすめです。
乾かないといつまでもインナーが汗で濡れて、嫌な冷たさになってしまいます。
風邪をひく原因になるので、速乾性も重要だと忘れないでください。
どんなに暑い現場でも、インナーを1枚着ることを守りましょう。

風通しが良い上着

効果的な暑さ対策をするポイントは、インナーで吸収した汗を外に出し、体温を下げられる環境を作ることです。
体温調整にはインナーだけでなく、上着の通気性も非常に大切になります。
通気性が悪い上着を着ていると、汗を発散できません。
ずっと服の中に熱がこもるので、暑いままになってしまいます。

通気性のことを考えて上着は、素材にこだわって選択しましょう。
薄くて通気性がある素材だと、夏の現場でもスムーズに仕事を進められます。
暑さが原因で作業効率が下がったり、また脳がうまく働かず、判断を間違えたりする可能性があります。
現場全体に迷惑を掛ける可能性もあるので、暑さ対策を万全にしましょう。
夏が本格的に始まる前に、インナーや上着の準備が必要です。