効率良く仕事を進めるために

熱中症や脱水症状に気を付けよう

塩分を補給すること

水を飲んでいれば、熱中症や脱水症状にならないと思っている人が多いようです。
その認識は間違いで、水だけでは意味がありません。
人間の汗には、水分と塩分が含まれています。
体が失った塩分を取り戻すために、塩分も積極的に補給してください。
スポーツドリンクは水分と塩分が含まれているので、熱中症対策に効果的です。

最近では自動販売機でも、経口補水液を買えるようになりました。
すでに熱中症のような症状が出ている時は経口補水液を飲み、少し休みましょう。
水分補給は、一気にするのではありません。
1時間おきに、コップ一杯ほどの水分を取るのが正しい水分補給です。
夏でも快適に仕事を進められるよう、積極的に水分を取ってください。

休憩しながら作業を続けよう

汗を大量に失うと、大抵の人は疲れてしまいます。
仕事効率を落とさないためにも夏の現場では、こまめに休憩を挟んでください。
日陰で休むだけでも体力を回復し、快適に作業を進められるようになります。
休憩の時に水分補給をしたり、保冷剤を身体に当てたりすると良いですね。
夏の現場では、常にタオルを持ち歩くと良いでしょう。

タオルがあれば、すぐに汗を拭くことができます。
汗をそのままにしていると冷えて風邪をひきますし、悪臭の原因になるので注意しましょう。
悪臭がひどいと周囲に迷惑を掛けるので、臭い対策も重要だということを忘れないでください。
休憩時間は、ボディーシートで身体を拭くと良いでしょう。
冷たい成分が含まれているボディーシートだと、体温を下げることに効果的です。