効率良く仕事を進めるために

気温に合わせて服装を変えよう

身体を温める機能が付いているインナーを購入してください。 インナーを着るだけでも、外部の寒さから身を守れます。 きちんと身体を温めないと、作業に支障が出てしまうので注意しましょう。 冬は軍手ではなく、きちんとした作業用手袋を装着するのがおすすめです。

夏でもインナーが必要

暑い時期になると、できるだけ薄着にした方が良いと考える人が多いです。 夏でもインナーを着用しないと汗を吸収できず、不快感に襲われたり、風邪をひいたりするので注意してください。 吸水性と速乾性のあるインナーを着用すれば、夏でも快適に現場で作業ができます。

熱中症や脱水症状に気を付けよう

夏は、積極的に水分補給をしなければいけません。 熱中症や脱水症状になって倒れると、現場の作業がストップしてしまいます。 現場に迷惑をかけないためにも、正しく水分を補給し、こまめに休憩を挟みましょう。 水ではなく、スポーツドリンクや経口補水液を飲むのがおすすめです。

インナーをきちんと着よう

冬に作業を進める場合は、防寒対策をしっかりしなければいけません。
寒いと身体が固まって、うまく動かせません。
うまく体が動かなければ効率の悪い作業になる上に、事故のリスクが高まります。
防寒着のジャンパーを着るだけでなく、インナーも着用しましょう。
身体を温めてくれる機能が付いているインナーを着るだけでも、温かさが変わります。
手先を冷やさないよう手袋を装着することをおすすめします。
軍手では寒いので、冬は作業用手袋を使いましょう。

夏は、涼しい格好をしたいと思うかもしれませんね。
薄着になると汗を吸収できず、身体の体温調節がうまくできなくなってしまいます。
ですから夏場でも、インナーを着るように心がけてください。
インナーは汗をよく吸い、すぐ乾くことを条件に含めましょう。
上着は、通気性があることが重要です。
通気性が悪い上着では熱がこもり、快適に作業を進められません。

夏は、熱中症や脱水症状対策も必要だと覚えておきましょう。
水分を補給することは欠かせませんが、水だけでは塩分を補給できないので意味がありません。
塩分が含まれるアメをなめたり、スポーツドリンクを飲んだりするのがおすすめです。
喉が渇いたと思う前に、水分を補給してください。
こまめに休憩することや、汗をきちんと拭くことでも脱水症状や熱中症を防げます。
夏の現場は気を付けることがたくさんあるので、前もって調べておきましょう。
特に初心者は用意ができず、現場でトラブルを起こしやすいです。